Bioengineering Hackathon
生体医工学サマースクール2019

多数の参加者をえて,盛会のうちに終了しました.

受賞者

最優秀賞:
さちくら
遠藤 一平, 神田 哲太郎, 宮本 成生, 後藤 大輔

相互投票賞:
ペリッとゼリー
末永 貴俊, 豊吉 巧也, 瀧 千波

最優秀1分プレゼン賞:
末永 貴俊

サマースクール2019の様子

若手研究者・学生の皆さん,一般の方へ

日本生体医工学会では,毎年夏に学生や若手研究者が一堂に会する夏のイベント,サマースクールを開催しております.本年度も1泊2日で参加者全員がアイデアを出し合い,テーマの解決を目指すハッカソンスタイルでのサマースクールを開催します.またグループワークを通して参加者間の研究者ネットワークが形成されることにも期待しております.

今回のテーマは“生体医工学で健やかな生活”として「スポーツ障害/外傷」と「緩和ケア」のまったく異なる2つの話題を同時に扱います.オリンピック開催を来年に控え注目度の高いスポーツ,そしてその影には障害や外傷があります.また,疾病の治癒だけではなく,身体的・精神的苦痛や社会生活の不安を緩和し,QOL(Qualty Of Life)を保つ緩和ケアは,超高齢社会を迎えた我が国の重要な課題の一つです.現在注目度/重要度の高い2つのテーマについて著名な先生からご講演いただいた後,多様な分野からの若手研究者/学生が,アイデアを出しあってグループでコンセプトのデザインを行ない,可能な範囲でサービスのプロトタイプ製作を行います.

本サマースクールは,生体医工学に関わらない一般の方の参加も歓迎します.これまでにも医療従事者,システムエンジニア,ビジネスパーソンなど多様な参加者の参加の実績があり,異分野交流を深める場としても期待されます.若手の研究者や学生の皆様には,奮ってご参加いただければ幸いです.一般の方のご参加もお待ちしております.


実行委員長 塩澤 成弘(立命館大学)

サマースクールでは何をするの?

The Needs

医師から現場のニーズを語っていただき,参加者はニーズ志向でアイデアを練ります.

The Ideas

グループに分かれて,簡単なものづくりをしながらアイデアをより具体的にしていきます.

The Product

デモ等を交えて成果を発表します.審査員や他の参加者の関心を集めたグループは表彰されます.

Let's PROTOTYPING!!

サマースクールが用意するもの(以下は昨年分。今年のテーマに合わせて変更予定)(数に限りがあります):

    マイコン
    • Arduinoスターターキット(様々なセンサ,マニュアル付), Grove ベースシールド
    • MySignals (旧:e-Health Sensor Platform)(生体計測専用)
    センサ
    • 心拍、筋電位センサ
    • 温度センサ, 湿度センサ
    • 人感センサ
    • 測距センサ
    • 酸素飽和度センサ
    人の動作認識センサ
    • Kinect V2(顔、全身)
    • Intel RealSense SR300(顔、手指)
    工作,その他
    • ダンボール600mm×900mm 約5mm厚 10枚セット
    • はさみ・カッター
    • ガムテープ・両面テープ
    • ねんど, おゆまる
    • おむつ
    • グルーガン
    • 半田ごて
    • テスター
参加者自身が用意するもの:
  • ノートPC(and/or タブレット,スマホ)
  • その他開発に使いたいもの

Bioengineering Hackathon

in 生体医工学サマースクール

テーマ

Bioengineering Hackathon 「生体医工学で健やかな生活を」

日時・場所

2019年8月27日(火)〜28日(水) 1泊2日(1日目は午後1時頃開始、2日目午後5時頃 現地解散予定)

場所:立命館大学びわこ・くさつキャンパス (〒525-0058 滋賀県草津市野路東1-1-1)

・メイン会場: イーストウイング1階 AIOL(あいおーらぼ)

・宿泊場所: エポック立命21(セミナーハウス)

キャンパスマップはこちら (イーストウイングは8番)

主催・企画

主催:日本生体医工学会

企画:日本生体医工学会 若手研究者活動WG

定員

約30名(8月2日申込締切 :申し込み先着順で,定員になり次第締め切ります)





参加費

→ お申し込みは こちら(多数の申込みを有難うございました)

日本生体医工学会 正会員

11,000円

日本生体医工学会 準会員

10,000円

協賛学会 学生会員

12,000円

一般

17,000円(1年間の日本生体医工学会 準会員資格特典付き※1,※2)

※1 希望者多数の場合は先着となる場合があります.

※2 準会員に当たらない場合,希望すれば5,000円の追加により1年間の正会員資格特典が付きます.

なお,参加費には宿泊費と1日目夕食,2日目朝食・昼食が含まれます.

支払い方法は,お申し込み後,後日,事務局よりご連絡いたします.

協賛(予定含む)

立命館大学スポーツ健康科学部
立命館大学理工学部AIOL
電気学会 電子・情報・システム部門・医用生体工学技術委員会
日本機械学会 バイオエンジニアリング部門
計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門
電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティクス研究会
IEEE EMBS Japan Chapter

運営

担当理事:  坂田 泰史(大阪大学)
実行委員長: 塩澤 成弘(立命館大学)
実行委員:  岡田 志麻(立命館大学)、木村 雄亮(東京大学)、桑名 健太(東京電機大学)、西川 拓也(国立循環器病研究センター)、前田 祐佳(筑波大学)

問い合わせ先

立命館大学
塩澤 成弘
E-mail: shiozawa@fc.ritsumei.ac.jp

CONTACT

立命館大学
塩澤 成弘
E-mail: shiozawa@fc.ritsumei.ac.jp


Copyright © 2019 Yoshihiro Kuroda.
Credits for theme design by 'Blacktie.co' CC BY 3.0 Generic.